コンテンツ

アトピー性皮膚炎 肌の消毒が有効【黄色ブドウ球菌の感染で悪化」

(記事更新日:2020/08/10) こんにちは、薬剤師の上田康晴です。 ・夏場にアトピーが悪化する ・ジュクジュクする そんな方へ、オススメ情報です。 記事担当:薬剤師(上田康晴)...

アトピー対策 食事の基本【悪化しやすい食事とは】

(記事更新日:2020/08/10) アトピー性皮膚炎の方の食事の注意は、いたってシンプル。 まずは基本は 1)お菓子を食べない 2)揚げ物料理を止める まずは、これを実行することが...

無排卵の対策は?【 クロミッドでも クロミッド場合】

(記事更新日:2020/08/21) こんにちは。 不妊相談を始めて20年。 薬剤師の上田康晴です。 今回は、無排卵のお話です。 無月経(排卵しない) 無月経の方は、排卵もしていない...

不妊対策 冷え症を漢方薬で改善

不妊に大敵の「冷え症」。 冷えは、生まれ持った「冷え症」の体質というより、今までの生活習慣が原因で冷え症になっている事が多いです。 毎日の生活の中で体を温める「陽」の働...

卵胞は5~6か月かけて成長(卵胞が育たない方へのアドバイス)

一般的には、生理や、排卵が毎月ありますので卵子も、1ヶ月で育っているイメージがあると思います。 しかし、意外や意外! 卵胞は5~6か月かけて育っていると報告されています...

アトピー性皮膚炎の完治にむけた対策【薬屋で実践している方法】

(記事更新日:2020/08/17) こんにちは、薬剤師の上田康晴です。 アトピー相談を10年続けています。 娘がアトピーになったことがキッカケで「アトピー相談」を始めました。 今...

春先は解毒の季節(アトピー悪化に要注意)

春先は、解毒の季節と言われます。 冬場に溜まった老廃物が気温が上がって、血管が広がり皮膚の下の血流量も増え、皮膚病が出やすくなります。 アトピー性皮膚炎の方は、炎症が出...

採卵した卵が空胞ばかり 卵胞の空胞の原因は

採卵したけど、 空胞ばかりで 受精卵ができない・・・。 期待も大きかっただけに、 この段階で中止になると とっても残念で、悲しいと思います。 空胞の卵が多い原因は 何なんでし...

【体外受精】採卵の数 年齢別の採卵数の目安は?

採卵する卵子の数が、 何個採れるか、気になると思います。 採卵数の目安(年齢) 採卵数の「年齢の目安」として個人差は大きいですが ■年齢別の採卵数の目安は 20歳代~30歳...

【アトピー性皮膚炎】ステロイドを使わない方法まとめ【注意点も解説】

(記事更新日:2020/08/14) こんにちは。 アトピー相談を10年。 薬剤師の上田康晴です。 できればステロイドを使いたくない。 そんな方へ、オススメの対策のご紹介です。 「ア...

ヘモグロビンエーワンシーが高い方に【HbA1cを下げる対策】

こんにちは、薬剤師の上田康晴です。 実は「ヘモグロビンエーワンシー」の 数値が下がりにくい「理由」が あるのをご存じですか? 実はあなたの生活習慣だけでなく、 「それ以外...

ステロイド 強さの一覧表(2020年度版)薬屋さんが監修【強さ検索】

(記事更新日:2020/07/22) 薬剤師:上田康晴 強さの一覧表(2020年度版)薬屋さんが監修【強さ検索】 病院で処方されるステロイド外用剤。 何も知らず使っている方も多いですが、...

不妊の原因:年齢の壁は大きい【いつまで妊娠できる?】妊娠の確率

(記事更新日:2020/08/11) こんにちは、薬剤師の上田康晴です。 年齢とともに、妊娠のハードルが上がっていきます。 今回はその原因について、お話します。 不妊と年齢の関係 不...

二人目不妊の原因が不育症?

意外な落とし穴「不育症」 二人目不妊の原因が?? 妊娠したのに流産の原因となる不育症。 体質もあるため、通常は1人目不妊で流産を繰り返した場合に原因追及で調べられて、不育...

射精不全 射精までできない原因は?【男性不妊】

男性側の問題で、性行為が最後までできない事(射精までできない)は、夫婦にとって大きな悩みでもあると思います。 不妊の原因にもなり、ご主人はご主人なりに悩んでおり、女性も...

糖尿病の漢方薬のご紹介

糖尿病の漢方薬 漢方薬「シノミッテルカプセル」 糖尿病に効果があると認められている漢方薬のご紹介です。 糖尿病の家系の方、血糖値が高い方、HbA1cが高い方にお勧めします...

年末年始にアトピー悪化

毎年のことですが、年末年始にアトピーが悪化している方が多いです。 冬場の空気の乾燥で、肌が荒れやすくなっている上に、年末年始の食事の不摂生で、アトピーの炎症が強くなりが...

排卵誘発剤や採卵で「卵子」は早く減るか?【クロミッド・セキソビット】

排卵誘発剤(クロミッド)や、体外受精の採卵刺激で、無理やり卵胞を出すと、卵胞の数が減りすぎるのではないかとか、閉経が早まるのではと思われる方も多いと思います。 今回はコ...

ステロイド剤は「保湿剤」とは違う【アトピー性皮膚炎の情報】

アトピー性皮膚炎の方は、保湿が大事と耳にした事はありませんか? 皮膚科でステロイド剤をもらってきて、毎日肌に塗っている方はそれで保湿できていると思っているかもしれません...

血糖値やHbA1cの正常値とは【糖尿病の治療のまとめ】

こんにちは。 薬剤師の上田康晴です。 ・糖尿病の血液検査の正常値 ・糖尿病の治療についての情報 ・人工透析の情報 ・糖尿病に使われる薬の情報 などを、わかりやすく解説します...

多嚢胞性卵巣(PCOS)の治療は、どんな方法がありますか?

多嚢胞性卵巣(PCOS)と診断されると、排卵が起こりにくい場合は、まずはクロミフェン(クロミッド錠)の内服が行われます。 成分名:クロミフェン 商品名:クロミッド錠 多嚢...

アトピーを調べる検査はありますか?【アトピーの原因・体質・免疫関与】

アトピー性皮膚炎の診断 アトピー性皮膚炎だけの専用の検査というものはありません。 ですので検査をしてみて、アトピー性皮膚炎だったと、断定できるものはないのです。 一般的に...

妊娠しやすいのは、いつ頃ですか?(タイミング療法)

精子は子宮に入って、2~3日(長い報告だと4~5日)生きていると言われています。 ですので排卵日を0とすると、マイナス5日の合計6日間くらいが、妊娠可能な期間になります...

アトピー肌対策 冬は加湿器を【加湿器で保湿がオススメ】

冬は空気が乾燥します。 それに加えて、最近の家は気密性が高く、暖房を使うとさらに湿度が下がり乾燥してしまいます。 アトピーでない方でも、秋から冬の間は、肌が乾燥して痒く...

クラミジア感染と不妊 性病は夫婦の大きな問題です

クラミジア感染は、現代もっとも多い性感染症と言われています。 このクアミジア感染は、実は不妊の大きな原因になるのです。 感染しても、自覚症状がないため、治療を早期に受け...