(記事更新日:2021/1/25) くすりの上田 薬剤師:上田康晴

ステロイド剤「強さ」の比較


ステロイド剤の比較

ステロイド剤の塗り薬は、

作用の強さで「5段階」に
分類されています


1 ) Weak(弱い)
2 ) Medium(中間)
3 ) Strong(強い)
4 ) Very Strong(とっても強い)
5 ) Strongest(最も強い)
に分けられます。


ステロイド剤を使用している方は、
自分の「ステロイドの強さ」は
知っておくといいでしょう。


ステロイド強さ ウイーク(弱い)

一番弱いタイプになりますが、ほとんど使われていないようです。

・オイラゾンD軟膏
・プレドニゾロン軟膏
・プレドニゾロンクリーム


ステロイド強さ マイルド(中間)

このランクが、使用される一番弱いタイプとされます。
子供のアトピー性皮膚炎や、軽いアトピー性皮膚炎、顔などによく使われます。

・ロコイド軟膏
・ロコイドクリーム

・キンダベート軟膏

・アルメタ軟膏

・リドメックス軟膏
・リドメックスクリーム
・リドメックスローション

・レダコート軟膏
・レダコートクリーム

・オイラゾン軟膏

▶強さマイルドのジェネリック医薬品

(ロコイドのジェネリック)
アボコート

(キンダベートのジェネリック)
パルデス、キンダロン、キングローン、クロベタポロン、クロベタゾン酪酸エステル

(アルメタのジェネリック)
タルメア、ビトラ

(リドメックスのジェネリック)
スピラゾン、ユーメトン、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル

(レダコートのジェネリック)
トリシノロン、ノギロン

(オイラゾンのジェネリック)
デキサメタゾン、デキサメサゾン

ステロイド強さ ストロング(強い)

マイルド(中間)で、効果がない場合は、
「ステロイドの強さ」が強くなって

強めのランクの「ステロイド剤」が
処方され始めます。

年齢(ステロイド歴)と共に、
強くなっていく方が多いです。

フルコート軟膏
フルコートクリーム

リンデロンV軟膏
リンデロンVクリーム
リンデロンVローション

ベトネベート軟膏
ベトネベートクリーム

ボアラ軟膏
ボアラクリーム

メサデルム軟膏
メサデルムクリーム

エクラー軟膏
エクラークリーム

▶強さストロングのジェネリック医薬品

(フルコートのジェネリック)
フルポロン、フルオシノロンアセトニド、デルラモンF

(リンデロンのジェネリック)
デルモゾール、ケリグロール、ノルコット、ベクトミラン、ベタメタゾン吉草酸エステル

(ベトネベートのジェネリック)
デルモゾールG 、デキサンVG 、ベトノバールG 、ルリクールVG

(メサデルムのジェネリック)
デルムサット、プロメタゾン、メインベート

(エクラーのジェネリック)
アロミドン

ステロイド強さ ベリーストロング(とても強い)

ストロングでも効かない場合は、
その上の、とっても強いランク
が処方されます。

症状に応じて、軽くなったら
「ステロイドの強さ」を
下のランクに落とすことも
意識してみましょう。

フルメタ軟膏
フルメタクリーム
フルメタローション

アンテベート軟膏
アンテベートクリーム
アンテベートローション

リンデロンDP軟膏
リンデロンDPクリーム
(リンデロンにはVとDPがあり強さが違います)

トプシム軟膏
トプシムクリーム

マイザー軟膏
マイザークリーム

ビスダーム軟膏
ビスダームクリーム

ネリゾナ軟膏
ネリゾナクリーム

パンデル軟膏
パンデルクリーム

▶強さベリーストロングのジェネリック医薬品

(フルメタのジェネリック)
マイセラ、フランカルボン酸モメタゾン

(アンテベートのジェネリック)
アンフラベート、サレックス、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル

(リンデロンDPのジェネリック)
デルモゾールDP、ダイプロセル、ディーピーポロン、ヒズボット、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル

(トプシムのジェネリック)
グリコベース、シマロン、ソルニム、フルオシニド

(マイザーのジェネリック)
サイベース、ジフルプレドナート、スチブロン

(ネリゾナのジェネリック)
アルゾナ

(パンデルのジェネリック)
イトロン、ハーユロン、酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン

ステロイド強さ ストロンゲスト(一番強い)

名前の通り「ステロイドの強さ」が
最上級のものです。

これより上のランクはありません。

デルモベート軟膏
デルモベートクリーム

ダイアコート軟膏
ダイアコートクリーム

ソルベガ軟膏
ソルベガクリーム

ジフラール軟膏
ジフラールクリーム

一番強いステロイドのジェネリック医薬品

(デルモベートのジェネリック)
グリジール、ソルベガ、デルスパート、デルトピカ、マイアロン、マハディ、クロベタゾールプロピオン酸エステル

(ジフラール、ダイアコートのジェネリック)
アナミドール、カイノチーム、ジフロラゾン酢酸エステル

プロトピック軟膏


またステロイド剤とは別の種類として、「プロトピック」というお薬があります。

これは、免疫抑制剤になります。

「ステロイドじゃないから安心」とか、
「ステロイドより副作用が安心」と
思っている方もいますが、
実際には、強い作用のお薬です。


アトピーを治せるかどうかは、
お悩みの方「ご本人」の治療方針に
かかっています。

子供の場合は、ご両親の治療方針に
かかっています。


皮膚の状態がひどい時には、
ステロイド剤を塗ったりすることも
一つの方法です。

しかし、問題はそれが治療だと
思っている方が非常に多いという事です。

その場しのぎの治療法では、
必ずといっていいほど再発します。


是非、丈夫な皮膚を作る体作り、
生活の送り方、
食事の摂り方を考えてみてください。


ステロイドを使いたくない方に
  ステロイドを使わないスキンケア方法
脱ステロイド
  ステロイドを止める時の注意点

他のお勧めの記事


・アトピーの原因は

当店がアトピー相談を始めた経緯と決意

「ステロイド剤」よくある質問Q&A7選!

アトピー性皮膚炎 保湿の仕方

・くすりの上田のスキンケア商品


≪ネット通販もお気軽に≫



■人気のスキンケアセット
(メーテクリーム30g、メーテローション)
14,960円(税込)

遠方の方で相談に来れない方は、当店スキンケア対策の商品を発送しています。


ご注文の際に、当店で説明の際にお渡ししている「アドバイス資料」を一緒に入れてお送りしますので、ご安心してネットから商品を注文くださいませ。

私の娘もアトピーになって、今は「完治」していますが、皆様と同じ悩みを経験しています。

我が家の対策や、当店のアトピー対策、アトピー情報が皆様のお役に立てれば幸いです。


当店お勧めスキンケア方法
メーテクリーム
メーテローションで保湿する。
(セットで14,960円)

痒みがある場合
チェリメントAG軟膏追加。
(3,960円)

肌のただれ、湿疹がある場合
赤色ワグラス軟膏を追加。
(1,540円)

お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。


click!
商品紹介へ
アトピー対策商品のご紹介へ

記事担当
薬剤師:上田康晴

薬の専門家
くすりの上田
富山県高岡市大手町11-30