アトピー性皮膚炎

アトピー相談の専門店「くすりの上田」です。

ステロイドを止めたい
何をやってもアトピーが
良くならない・・・
病院に通っているのに治らない・・・



アトピー性皮膚炎でお悩みの方は多いと思います。

病院で頻繁に処方されるものとして、ぬり薬の副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)があります。

これは大変効果の早いお薬で、塗っていると2~3日で皮膚はキレイになっていきます。
効果が早く、皮膚もキレイになり不快な症状も楽になるので患者さんは大変喜ばれます。

でも、アトピー性皮膚炎の治療で、「効く」「治す」の違いを意識されたことはありますか?
似ているようで、実はまったく違うのです。

ステロイド剤は「効く」お薬です。
使っていると、アトピー性皮膚炎の症状が軽くなっていきますよね。
これは目に見てわかります。

しかしアトピーを治しているというより、正しく言うとアトピーを「抑えている」のが的確な言葉だと思います。

お悩みの方は経験あるはずです。

ステロイドを塗っていると
アトピーがキレイになるが、

しばらくすると
またアトピーの症状がでてくる。

出るからまたステロイド剤を使う。


このくり返しです。
そのうちにどんどん薬が強くなっていく方もいらっしゃいます。

病院を巡る方も多いようです、結局はどこでもステロイド剤を処方される事が多いのですが、より強いステロイド剤が処方されると「ここの薬はよく効く」となるのです。

大事なことは、こうした症状がでるアトピー性皮膚炎の自分自身の体の環境を変えてやることです。

症状が出にくい体を作ってやることです。

これが根本な治療となるからです。
これが「治す」ということです。

皆様インターネットで調べたりしてると、アトピー性皮膚炎のいろいろな方法がでてくると思います。

また商品を売りたいがために、いろいろな事を書いてあるのも見かけます。

こうなると何を信じていいのか、わからなくなってくると思います。

そこで遠方の方のために「くすりの上田」でアトピー相談でお話している内容を、コチラのページで紹介したいと思います。


アトピー性皮膚炎の対策

アトピーの原因

原因として考えられるのが
1)体質
2)乾燥肌
3)食事

が大きく関係しています。

1)体質
遺伝などが関係して、アレルギー体質の場合があります。
ただ体質があるから、必ずアトピーの症状がでるとは限らず、他の要因と複合的に悪化しやすいです。

2)乾燥肌
アトピーの方は乾燥肌です。これが原因で痒くなったり、炎症の原因になります。
保湿することで、肌から(外部から)の悪化を予防できます。

3)食事
アトピーは食事の影響が出やすく、悪化させるも、良くしていくのも、食事次第とも言えます。
お菓子、砂糖、サラダ油、乳製品は控えてみましょう。

コチラの情報を詳しく知りたい方は、コチラをご参考ください。
アトピーの原因は?対策と治療法

アトピー性皮膚炎と食事

1)お菓子は控える
チョコレート、ケーキ、菓子パン、アイス、スナック菓子、ジュース

2)サラダ油を控える
オメガ6系のサラダ油は、摂りすぎるとアレルギーを悪化させやすくなります。
料理には良質の「なたね油」がお勧めです。
あとは加熱はできませんが「エゴマ油」「アマニ油」はオメガ3系の油でアレルギーや炎症を抑えてくれます。

3)肉を控えてみる
動物性たんぱくで悪化する人もいます。

4)ファーストフードを控える
ラーメン、ハンバーガー、ピザなどを控える。

5)農薬、添加物は控える
解毒に負担をかけない。肌に出やすくなります。

6)胃腸を冷やしすぎない
胃腸を冷やすと良くないです。

食事の影響は大きいです。
ぜひ食事の見直しを!

これがアトピー軽減への道

1)スキンケアによる手当
(体の外からの改善)

2)内服薬による手当
(体の中からの改善)

3)食事の改善
(悪化原因の改善)

本気で良くしたいなら、これら3つ全部が大事です。

ネットにあふれる「アトピー広告」を見ると、コレだけ塗ればアトピーが良くなるとか、コレだけ飲めばアトピーが良くなるみたいな宣伝を見かけますが、アトピー性皮膚炎はそう簡単な病気ではありません。

そんなに簡単に治るなら、こんなに悩んでいる方は全国にいないはずです。

アトピー性皮膚炎を本気で良くしたいと考えるなら、全力投球でないと結果が出ないです。
ちょっと妥協をすると、結果が出ない事も多いのでご注意くださいませ。

スキンケア対策

くすりの上田でお勧めしているスキンケア方法です。
(商品はすべて通販ページで販売しています)

面倒くさくても、スキンケアは最初はしっかり行いましょう。

■その1
肌にいる雑菌「黄色ブドウ球菌」の二次感染でアトピー性皮膚炎が悪化することが報告されていますので、肌の消毒もお勧めです。
当店では「ネオトラバングリーン」消毒薬で肌の消毒をお勧めしています。
ネオトラバングリーン:2,640円(税込)



■その2
保湿効果のある「メーテローション」、「メーテクリーム」で肌の保湿をする。
症状のない部分には値段の安い「フタアミンHiクリーム」で保湿する。
メーテローション:7,480円(税込)
メーテクリーム30g:7,480円(税込)
フタアミンHiクリーム:2,200円(税込)



■その3
痒みがある部分の対策として、掻くと悪化して痒みが強くなるので、痒み止めの軟膏を使用する。
当店では「チェリメントAG軟膏」を痒み対策として併用してもらっています。

アトピー性皮膚炎は「痒み」が大きな悩みでもありますから、痒み止めは使った方が絶対楽です。
ステロイド剤は入っておらず、「抗ヒスタミン剤」になります。
チェリメントAG軟膏80g:3,960円(税込)



■その4
肌の炎症、ただれ、赤みが強い部分には、肌の調子を整える「赤色ワグラス軟膏」をさらに併用してもらっています。
赤色ワグラス軟膏15g:1,540円(税込)



■その5(症状がある時)
浸出液がある場合は、菌の感染を起こしているので、抗菌剤が含まれる「黄色ワグラス軟膏」を症状のある期間だけ使用してもらっています。
黄色ワグラス軟膏20g:1,540円(税込)


肌のケアをしていくと、短期で今までとの違いが分かると思います。
面倒くさがらずに、症状を軽くするために、スキンケア頑張っていきましょう。

商品はネット通販からお求めいただけます。
「代金引換」、「クレジット払い」が選べ、時間指定でお届け可能です。


click!
商品紹介へ
アトピー対策商品のご紹介へ

内服薬の対策

漢方薬やサプリメントを飲むことで、体調が良くなる場合も多いです。

小さなお子様は「スキンケア」と「食事の対策」からチャレンジでも結構ですが、小学生くらいからは飲み薬も併用した方が変化は早いです。

飲み薬のご相談は、お気軽にお電話くださいませ。またはスキンケアをご注文の方には商品紹介の資料を一緒にお送りします。

期間の目安

まずは3ヶ月は集中期間です。

乾燥肌は2~3週間で改善しますが、炎症反応や、体の中の変化は時間がかかります。

食事の徹底、スキンケアの徹底、頑張れる方は内服薬も使いながら、3ヶ月頑張ってみてください。

ステロイド剤を使用している方は、最初は当店の「スキンケア法」と併用でも結構ですので、症状が落ちついてきたら、ステロイドのランクを下げるか、使用頻度を減らしていくと良いでしょう。

一緒に頑張っていきましょう。

商品をご注文いただいた方には、補足の資料も一緒にお送りしています。

薬剤師:上田康晴

click!
ページに移動
知っていると役立つ「アトピーQ&A」へ

相談のご希望の場合は、「アトピーQ&A」のページをまず見て、当店の治療スタイルを確認の上、それでも相談にいって本気で取り組みたいと覚悟がある方のみ、ご予約ください。
本気の方と、一緒に頑張っていこうと思っております。


アトピー相談のご予約はコチラ。

0766-22-1301
(電話受付:朝10時~夜6時、水曜・日曜・祝日はお休み)

お気軽に、お電話ください。
「インターネットでアトピーのページ見ました」とお電話ください!

富山県高岡市大手町11-30(高岡大仏真横)くすりの上田

「くすりの上田」のホームページでは、薬剤師:上田康晴が、アトピー相談を日々している中で感じる事、大切だと思う事を紹介しています。
科学的根拠のあるアトピー情報はもちろん、それ以外にも相談の積み重ねの中で大事に思う事も紹介しております。