コンテンツ

アトピー性皮膚炎「妊娠中の薬の影響は?」痒み対策

アトピー性皮膚炎 妊娠中の薬の影響は? アトピー性皮膚炎の方は、妊娠中の薬が「胎児」に影響がないか、心配されていると思います。 できれば妊娠中は薬を「飲みたくない!」と思...

Th1とTh2バランスが悪いと不妊になる【タクロリムスが有効】

免疫のバランス【Th1/Th2検査とは】 不妊治療を繰り返しているのに、なかなか「妊娠→出産」できない原因として「免疫拒絶」がある場合があります。 受精卵は、卵子と精子が結合し...

エストラーナテープ「貼る場所」や「副作用」は?【不妊治療で使用】

不妊治療で使われる「エストラーナテープ」 「エストラーナテープ」は、エストロゲンのホルモンであるE2(エストラジオール)を補う貼り薬になります。 もともとの【効能効果】...

不妊症とは【原因や割合】期間はどれだけで不妊か?

不妊症とは 生殖年令の男女が妊娠を希望し、「ある期間」避妊事すること無く「性交渉」をおこなっているのにもかかわらず、妊娠の成立を見ない場合を「不妊」といい、妊娠を希望し...

【不妊治療の費用】人工授精、体外受精の金額はいくらかかる?

不妊治療の金額はいくら? 不妊治療は何かとお金がかかります。 排卵日をチェックして行う「タイミング療法」は、負担は少ないです。 金額が高くなる不妊治療 ・人工授精 ・体外受...

アトピー性皮膚炎とは【アトピー性皮膚炎の診断基準】

アトピー性皮膚炎とは 日本皮膚科学会ガイドラインが作成する「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」では、アトピー性皮膚炎の定義として、次のように解説されています。 アトピー...

アトピー性皮膚炎の原因【肌が痒くなる原因と対策】

アトピー性皮膚炎の肌は、機能が低下している アトピーの対策として、スキンケア(保湿)は必須です。 「脱保湿」の考え方も一部でありますが、ある時期に一時的に行う分には、最...

妊娠率を上げる対策【体外受精の着床率アップの方法】性交が大事?

体外受精でも「性交が妊娠率を高める」研究レポートあり 不妊治療でステップアップをしていくと、治療をしているのでご夫婦で「性交」を行わない場合もあると思います。 そんな中...

頭痛の「原因」と「解決法」【あなたの頭痛はどのタイプ?】

頭痛の「原因」と「解決法」 頭痛になる原因は、いろいろあります。 季節的なもの、気圧が関係する頭痛などもあります。 それとは別に、繰り返す頭痛には、大きく分けて3つの種類...

不妊サプリは「医療費控除」には入らない【OKなものと、ダメなもの】

【医療費控除】「医薬品」以外は全部NG 不妊の対策などで、ネットでサプリメントを購入している方も多いです。 ・マカ ・葉酸 ・ビタミン剤 ・亜鉛 皆様、いろいろ飲まれています...

アトピー【お風呂は入る?入らない?】エビデンスで解説

アトピー性皮膚炎 お風呂はどうする? お風呂に入ると、 「体が温まり痒くなるので、入りたくない」 と思われる方や、 「お風呂に入ると肌が乾燥するので、アトピーには良くないの...

【不妊相談・子宝相談】富山県高岡市の「くすりの上田」

富山県で不妊相談・子宝相談ができるお店をお探しの方へ こんちちは! 富山県高岡市にある「くすりの上田」です。 場所は「高岡大仏」の真横にあります。 不妊相談を始めて20年...

【Q&A】デュファストンで生理こない、服用中に生理になった

【Q&A】デュファストン お悩み相談室 デュファストンは「黄体ホルモン」の薬です。 効きが悪かった場合に、 「デュファストンを飲みきったのに、生理が来ない!」 「デュファスト...

レトロゾールの「効果、副作用、妊娠率」いつから飲むか?

レトロゾールの「効果、副作用、妊娠率」いつから飲むか? 「レトロゾール」は、もともとは「閉経後乳癌」の治療に使われる薬です。 しかし作用の便利さから「不妊治療」にも、と...

アトピーで眠れない【夜中の痒み対策】夜になると痒くなる

夜に痒くて眠れない、目が覚める、朝に血だらけ こうした悩みは、「アトピー性皮膚炎」の方の共通の悩みです。 夜に痒くなる原因や、眠れない対策などを紹介していきます。 痒みの...

取扱い商品【富山県高岡市の薬屋】くすりの上田

富山県高岡市にある「くすりの上田」です。 場所は高岡大仏の真横にあります。 お気軽にご来店くださいませ。 くすりの上田 取扱い商品 ・松寿仙(しょうじゅせん) ・紫華栄(し...

多嚢胞(PCOS)の人は排卵検査薬がずっと陽性になる可能性あり

多嚢胞性卵巣の方は「排卵検査薬」で排卵わかりいくい 多嚢胞性卵巣(PCOS)の方は、排卵検査薬を使っても、こんな感じになりがちです。 1)排卵チェックの線が出ない (排卵検査...

市販で買えるステロイド剤の種類【強さランキング】比較

(記事更新:2021年4月2日) 市販で買える「ステロイド軟膏」の強さランキング 市販に売っている「ステロイド軟膏」の ・強さの種類 ・強さランキング が知りたい方のために、まと...

クロミッドの副作用や注意事項(飲み方のアドバイスも)

クロミッドの注意点(副作用) 病院で、よく使われる排卵誘発剤の「クロミッド錠」. 今回はクロミッドの副作用について解説します。 意外と、体調不良が出る人がいらっしゃいます...

クラミジアと不妊【卵管閉塞・卵管水腫】症状は無症状が多い

クラミジア感染症と不妊のリスク クラミジア感染症の多くは「無症状」です。 ですが「クラミジア感染」があると、不妊の原因になる場合があります。 クラミジア感染症が引き起こす...

プロラクチンが高くなる原因【数値の基準値と対策】不妊の原因にもなる

プロラクチンが高くなる原因 プロラクチンの数値が高くなると、不妊の原因になる場合があります。 ■プロラクチンの正常値 15ng/mL以下 (30ng/mL以下でも可) ■高プロラクチン血症 ...

不妊のホルモン検査【基準値など数値の見方】卵巣や卵胞の状態を知る

不妊の検査 ホルモン数値の見方 不妊の検査でホルモン数値を調べたけど、 「見方がわからない」 「体の状況がわからない」 という方も多いと思います。 今回は「ホルモン検査」の...

精子が悪くなる原因【精液検査が悪かった方へ】薬剤師のアドバイス

男性不妊 改善のアドバイス 精子の元気さは、検査するたび違います。 今回は、精液検査の数値が悪かった方へのアドバイスとして、精子が悪くなりやすい行動などをご紹介します。 ...

【アトピーの治し方】ステロイドなどの対症療法とは違う視点でアドバイス

ステロイドだけが唯一の治療じゃない 皮膚科の先生の中でも、意見は異なると思いますが、一般的に全国の多くの先生は「ステロイド治療」と「プロトピック軟膏」をメインとした対症...

流産の週数や確率【心拍後はもう安心か?】稽留流産・切迫流産

流産の起こりやすい週数や確率 流産は妊娠の初期に起こりやすく、流産の約85%くらいが妊娠12週までに起こると言われています。 ですので一般的には胎嚢確認、心拍確認を無事...