(記事更新日:2020/08/11)


不妊の原因:年齢の壁は大きい【いつまで妊娠できる?】妊娠の確率

こんにちは、薬剤師の上田康晴です。

年齢とともに、妊娠のハードルが上がっていきます。

今回はその原因について、お話します。


不妊と年齢の関係



不妊の一番の原因が、年齢と言っても過言ではないでしょう。

年齢が20代、30代、40代となるにつれ、妊娠のハードルは上がっていきます。

現在では、晩婚化で結婚する年齢が高くなっています。

それが日本の「不妊」の大きな原因にもなってきています。


年齢が高いと、なぜ妊娠しにくくなる?


年齢が高いと、なぜ妊娠しにくくなる?

どうして年齢が高くなると、妊娠しにくくなるのでしょうか?

それは「卵子」が老化するからです。

女性の卵子は、赤ちゃんの時からある細胞を保存していて、それを毎月「排卵」しています。

20歳の方は、20年間、卵巣の中で年数の経過した卵子(原子卵胞)が排卵しようとします。

35歳になれば、35年間の年数の経った卵子が排卵されます。

血液などは、定期的に新しいものを作っています。
常に新しく入れ替わっています。

ですが「卵子」は生まれた時がいちばん新しく、どんどん老化・劣化していきます。

30代、40代になってくると、卵子の「劣化」や「染色体異常」が増え、それが妊娠の妨げにもなっているのです。


流産率は年齢が上がると高くなる


グラフ

横軸が年齢、縦軸が確率率のグラフになっています。

やはり、年齢が上がってくると、妊娠率は低下しています。

また、1本の線グラフだけ、右肩上がりになっていると思います。
この紫色の線が「流産率」です。


40代にもなると、卵子の染色体異常が増えてくるため流産も多くなっていきます。

できるだけ、早く妊活することはとっても大事な事なのです。


年齢が高い人への妊娠アドバイス


年齢が高い人への妊娠アドバイス

■妊活を始めたばかりの方(~6か月)
まずはしばらく「タイミング」のチャレンジでもOKです。


■半年以上になる方
不妊の基礎検査くらいは、しておいたほうが安心です。

不妊の基礎検査

・ホルモン検査(血液検査)
・排卵のチェック
・卵管が通っているかの検査
・精子の検査



■1年以上になる方
ステップアップの不妊治療を検討しましょう。
・人工授精
・体外受精

年齢や、ご夫婦の体調によって、治療プランのスケジュールは変わってきますので、詳しくは病院やクリニックの先生と、しっかり話し合うといいです。

くすりの上田にも、お気軽にご相談くださいませ。


「補腎の漢方」が年齢の対策にお勧めです


「補腎の漢方」が年齢の対策にお勧めです

年齢による不妊リスクは、卵子の老化以外にも、漢方的に考えるならば

・体を作る力
・機能を維持する力

こうした働きが低下してくため、妊娠力が落ちてくるとも考えられます。


若返りは無理でも、漢方薬を上手に使う事で、低下した体の機能を高めることは可能になります。

当店では35歳以上の不妊相談の方には、できるだけ漢方でいう「補腎」対策を心掛けております。


臓器の「腎臓」の「腎」という文字を書きますが、内臓としての腎臓とは、分けて漢方では考えます。


腎の「陽」のエネルギーが低下してくると
・冷えやすかったり
・寒がりであったり
・元気が出なかったりします。

漢方では、このような症状を「腎陽虚」といいます。


腎の「陰」のエネルギーが低下してくると
・生理不順になったり、
・イライラしたり
・ほてり、のぼせ
・目や口、肌の乾燥
・月経量の減少
などがあらわれます。

漢方では、このような症状を「腎陰虚」と言います。


こうした、バランスの弱りが「妊娠しにくい体」へとなっていくのです。


腎のエネルギーは年齢でどう変わる?


腎のエネルギーは年齢でどう変わる?

腎のエネルギーは、漢方の考えだと、生まれてから次第に高まっていき、30歳頃にはピークを迎え、あとは年齢と共に低下していくと言われます。

ですので本来なら人間は「30歳頃」までに、妊娠、出産を終わらせておくのが、ベストな状態と思われます。

ですが日本では近年、晩婚化の傾向があり、いざ「赤ちゃん」が欲しいと思い始めるのが、30代からというケースが増えてきています。


年齢による不妊の原因は

1つは卵子の老化。

2つ目として、漢方的にみると、
腎の弱りが考えられます。


補腎の漢方はこんな方に


補腎の漢方はこんな方に

子宝対策で、いろいろ飲んでいるけど
今ひとつ・・・という方は

是非、一緒に「補腎の漢方薬」を飲んでみてください。


腎の弱りのサインとして

・疲れやすい
・白髪が出てきた
・夜間にトイレに起きる
・手足が冷える
・排卵が弱い、卵子の質が悪い
・耳鳴りがする
・むくみがある
・目が疲れる
・精力減退
・肌が乾燥する
・のぼせ、ほてり
・生理の出血量が減ってきた


などがあります。


補腎の漢方薬の紹介などは、お気軽に「くすりの上田」まで。


おすすめ補腎対策は


おすすめ補腎対策は

補腎対策に使える漢方薬や生薬は、いろいろ種類があります。

くすりの上田では、タイプを選ばす飲むことができる「天授恵宝丸」をオススメしています。

生薬が丸薬の形になっているので、味が気にならないです。

漢方薬の粉末の味などがニガテな方でも、飲みやすいです。



天授恵宝丸
1箱(60包)8,000円+税


1日2袋~3袋が目安です。


不妊症対策商品のご紹介
click!
商品紹介へ
くすりの上田 ネット通販

ご注文いただくと、2~3日中に発送しています。

ご注文お待ちしています。
オススメです!


記事担当
薬剤師:上田康晴

不妊相談の薬屋さん
くすりの上田


関連記事

流産の原因や確率は?【健康な出産のための情報まとめ6選】

子宮内膜の厚さの基準値【内膜の厚さアドバイス3選】


くすりの上田通販ページへ