(記事更新日:2020/08/12)


アトピー治療でニキビが悪化【ステロイドで悪化する】

こんにちは、薬剤師の上田康晴です。

今回は「アトピー性皮膚炎」と「ニキビ」の関係のお話です。

アトピーとニキビはとても相性が悪く、治療法は異なります。

ニキビに「ステロイド剤」は使ってはいけません。


ステロイド剤と「ニキビ」の相性は悪い?


ステロイド剤と「ニキビ」の相性は悪い?

アトピー性皮膚炎の基本治療である「ステロイド」。

ですが「ニキビ」ができやすい方は、注意が必要です。

ステロイドは「炎症」を抑えてくれる薬。

ですが同時に免疫反応を抑えてしまうため、菌の感染と戦う力が落ちてしまいます。

そうなると、ニキビができやすかったり、ニキビの部分にステロイドを毎日塗っていると、ニキビが治りにくかったりします。


アトピーとニキビの治療、どっち優先か?



アトピーの治療には、ステロイド剤を塗らないと悪化します。

でもステロイドで、ニキビは悪化しやすい。

迷うところです。


どちらの治療を優先するかとなってしまいます。


抑える方向の治療だけで考えていくと、八方ふさがりですが、アトピー性皮膚炎や、ニキビが悪化しない対策、症状がでにくい対策がとても大事です。

皆様、食事対策は面倒で本気で取り組まれる方が少ないですが、アトピー性皮膚炎も、ニキビも食事が基本です。

食事対策を真面目に続けれていますか?


アトピー性皮膚炎も、ニキビも、甘いお菓子や、スナック菓子で悪化しやすいです。


生活を見直して、ニキビができにくい食事、アトピー性皮膚炎が悪化しにくい食事を心掛けていきましょう。


ニキビの治療は

・抗生物質や抗菌作用のある塗り薬

・化膿を抑える、漢方薬や抗生物質の内服薬
が基本治療になります。



生活の改善を続けながら、ニキビの症状がひどい場合は、こうしたお薬も併用されるといいでしょう。


ニキビの治療を優先する場合は、その期間だけ部分的にステロイドをお休みす必要性があります。

皮膚科の先生とも話し合って、決めていきましょう。


くすりの上田では、ステロイドに頼らない「アトピー治療」も大切と思っています。


関連記事はコチラ


アトピー性皮膚炎お勧めスキンケア対策【ステロイドを使わない対策】

中学生、高校生のアトピー【特徴】

大人のアトピー【まとめ5選】


記事担当
薬剤師:上田康晴

アトピー相談の薬屋さん
くすりの上田
富山県高岡市大手町11-30


くすりの上田通販ページへ