赤ちゃんの湿疹が気になり、皮膚科で処方された軟膏を塗ると2~3日で良くなり喜んでいたところ、調べてみると皮膚科でもらってきた軟膏は、実は「ステロイド剤」だった事が判明してビックリ!という方もいるのではないでしょうか?

怖いイメージのある「ステロイド剤」を、赤ちゃんに塗っていいのか?
今回は「ステロイド剤」と「赤ちゃん」のお話です。

赤ちゃんにステロイドは大丈夫?



ステロイド剤は万能薬


ステロイド剤は便利なお薬で、外用薬として塗り薬で使えば、どんな湿疹、赤み、痒みでも短期間で収まります。ですので、皮膚科でも頻繁に処方されます。

また、何の湿疹か、何の病気かわからなくても、「まずはステロイド剤を処方しときますね」といった感じで様子をみることが多いです。

わかりにくい皮膚炎の原因追究より、病院は「症状を抑える」治療をするのが仕事ですので、ステロイド剤の処方は当たり前の対策となります。多くの方はこの治療法で満足されています。

あとは、使用する方の考え方次第です。
薬剤師さん、看護婦さんなど医療関係者の方は、自分の赤ちゃんには気軽にステロイド剤を使いたくない方は多いのではないでしょうか?ステロイド剤は効く薬だけど、副作用もある薬と認識があるためです。

その皮膚の症状に「ステロイド剤」は必要か?

皮膚病になんでも即効性のある「ステロイド剤」ですが、他の方法は検討してみてもいいのではないでしょうか?

あせもなどの湿疹
あせもは蒸れて、濡れた状態で悪化しますから、「乾燥させる軟膏」を塗ると良くなります。
具体的には酸化亜鉛を含んだ軟膏で、「亜鉛華軟膏」、「ホノザルベ」などがお勧めです。

乳児湿疹
乳児湿疹は生まれて0ヶ月~6か月の間に出やすい湿疹で、皮脂分泌が過剰のため起こります。
泡立てた石鹸の泡を手に取り、やさしく肌の皮脂を落として肌を清潔に保てば良くなっていきます。
症状が長引いたとしても、過剰な皮脂分泌は生後3ヶ月~4ヶ月くらいで落ちついてきますので、そうした頃に乳児湿疹は良くなる傾向があると思います。

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は、肌の乾燥が原因で悪化しやすい皮膚炎ですので、しっかり保湿すると症状が軽くなりやすいです。
また食事の影響も大きいので、食事対策も必要です。授乳中の方はお母さんの食事が大事、離乳食や食事を始めた方はお子様の食事が大事です。お菓子を止めて、和食中心に。

ステロイド治療は、生活の改善がなくても症状は抑えられますが、ステロイド剤を使わない方法は、できる限りの幅広い対策が必要です。

ステロイド剤が赤ちゃんに悪いとは言いませんが、強い薬よりも、やさしい対策で良くなるなら、それはそれでいいのではないでしょうか?

正しい知識と対策で、キレイな肌を目指しましょう!

くすりの上田のスキンケア対策や、アドバイスは他のページで色々と紹介しています。ご参考くださいませ。

記事担当
薬剤師:上田康晴

アトピー相談の薬屋
くすりの上田
富山県高岡市大手町11-30
(高岡大仏の真横)


くすりの上田通販ページへ