大人のアトピー性皮膚炎【まとめ5選】

・もくじ


・大人のアトピーの特徴

・大人のアトピーの治療法

・ステロイドの強さ紹介

・アトピーの新薬(大人用)

・大人のアトピーで注意したい5つの事


この5つを解説していきます。

この記事は創業70年の薬屋の「薬剤師」が書いています。

記事担当:薬剤師(上田康晴)
・薬学部卒業後、病院に1年勤務
・薬屋でアトピー相談を10年
・娘のアトピー完治を経験

大人のアトピーの特徴


大人のアトピーの特徴

大人のアトピーの特徴

一般的に出やすい部位

・顔面
・首
・胸部
・背中



【これ以外の特徴】

顔面から首に
症状が出やすい顔面型

痒みの強い発疹が、
体や四肢に多発する痒疹型

全身の皮膚が真っ赤に潮紅して
皮膚が剥がれ落ちる(落屑)状態

浸出液が出てくる(菌の感染)


こうした症状の方もいらっしゃいます。

(記事参照元)
日本皮膚科学会ガイドライン


大人のアトピーの治療法


大人のアトピーの治療法


大人のアトピーの治療法

・ステロイド剤
・プロトピック軟膏
・コレクチム軟膏(新しい薬)



プロトピック軟膏は「免疫抑制剤」の軟膏で。炎症や痒みを抑えてくれます。

コレクチム軟膏は「痒み」を抑える軟膏です。


ステロイドの強さ紹介


ステロイドの強さ紹介

アトピー性皮膚炎の「症状の強さ」によって、ステロイド剤の強さも決まります。


■ステロイド強さ分類

1 ) ウィーク(弱い)
2 ) マイルド(中間)
3 ) ストロング(強い)
4 ) ベリーストロング(とっても強い)
5 ) ストロンゲスト(最も強い)


に分けられます。



ステロイド剤の種類(商品名)

■ウィーク
オイラゾンD、プレドニゾロン

■マイルド(中間)
ロコイド、キンダベート、アルメタ、リドメックス、レダコート、オイラゾン、グリメサゾンなど。

■ストロング
フルコート、フルコートF、リンデロンV、リンデロンVG、ベトネベート、ベトネベートN、ボアラ、メサデルム、エクラー、ベクラシンなど。

■ベリーストロング
フルメタ、アンテベート、リンデロンDP、トプシム、マイザー、ビスダーム、ネリゾナ、テクスメテン、パンデルなど。

■ストロンゲスト
デルモベート、ダイアコート、ジフラールなど。


アトピーの新薬(大人用)


コレクチム軟膏

コレクチム軟膏は2020年6月24日に発売された新しい薬。

痒みを抑える軟膏です。


2020年8月 現時点での情報。
子供への使用は認められていません。
今のところ「大人」だけの使用。

今までとは「痒み」を抑えるメカニズム(働き)が違う軟膏で、新薬として期待されています。


大人のアトピーで注意したい5つの事


大人のアトピーで注意したい5つの事

1)外食
2)運動不足
3)お酒、タバコ
4)お菓子の食べ過ぎ
5)保湿


1)外食

外食で質の悪い食事をとると「アトピー性皮膚炎」は悪化しやすいです。

外食を控えたい理由。
(悪化しやすい食品)

・添加物の多い食品
・砂糖の多い食品
・酸化した油(使いまわし)
・オメガ6系の油(サラダ油)


逆に食材、油にこだわったお店での外食は問題ありません。

2)運動不足

血液の巡りを良くした方が、体や肌の調子は整いやすいです。

運動の「汗」によって、アトピーが悪化する場合もありますが、運動そのものは血流を良くし、アトピーの方にもお勧めです。

お酒、タバコ

お酒、タバコの摂りすぎは控えましょう。
適度に楽しむと良いでしょう。

お菓子の食べ過ぎ

市販の「お菓子」を食べて悪化する人は多いです。

どうしても食べたい方へ。

・添加物の少ないもの
・砂糖が入っていないもの
・サラダ油などオメガ6系の油


を使っていないものを選ぶのがお勧めです。

5)保湿

肌が乾燥すると、肌のバリア層が弱くなるため、次のような症状がでやすくなります。

・ちょっとした刺激で痒くなる

・アレルゲンが肌からも悪さする

・菌の感染を起こしやすい

・こうした悪循環でさらに悪化しやすい


保湿クリームで肌の乾燥がなくなるまで、しっかり保湿をするのがオススメです。

アトピーのお勧めの「スキンケア方法」のまとめ記事はコチラ。
4つのコツをご紹介しています。



大人のアトピー性皮膚炎 まとめ




大人の「アトピー性皮膚炎」は慢性化、重症化している事が多いと思われます。


ずっと症状が長引いているため、何をしても無駄と思っている方も多いです。


そうした方は、ただ無力というわけではなく、多くが過去にこうした体験をされた方が多いです。

間違ったスキンケアで結果が出なかったり、サプリメントの宣伝に騙されて効果がなかったりと。


これを繰り返していると、
「もう騙されない!」
「食事制限なんかムダ」
「ステロイドさえ塗っていればOK」
となってしまうのです。


もう騙されない!


ですが頑張って、皮膚科の薬に頼らなくても、アトピーが落ちついている方も、たくさんいる現状も確かにいるのです。

まずは、アトピーが悪化しやすい状況を避ける「対策」がお勧めです。

最初の「取り組み」から内服薬だけを試される方もいますが「くすりの上田」では、それでは失敗すると思っています。


アトピー対策には順番が大事


アトピー対策には順番が大事

まずは大切で最優先の項目と思うのが
1)正しいスキンケア
2)食事の改善
これが基本と思っています。

ここをしっかり実行している方は、内服薬も併用していくと効果的です。


ですが「スキンケア」、「食事」を
頑張らずに

サプリメント、漢方薬を飲んでも、
私は長年の経験から
無意味と思っています。



順番が大事ですので、
まずはスキンケアと食事から
頑張ってみてください。



お菓子は、最初の3ヶ月は「止める」くらいの覚悟は持ってください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

私の娘のアトピーが治った時に実行していた「スキンケア方法」はコチラの記事にまとめてあります。



その他 お勧め記事


・ステロイド剤の強さ(一覧表)

・アトピーの原因は 対策と治療法

・「脱ステロイド」の方法と注意

アトピー相談の薬屋さん
くすりの上田
富山県高岡市大手町11-30


くすりの上田通販ページへ