正常な基礎体温フラフとは



正常な生理周期になっていると

・28日周期である
・グラフのギザギザが少ない
・高温相の天辺が10日以上
・2相にハッキリ分かれている
・低温相と高温相の差が0.3℃以上ある

こうした基礎体温表になっていると、妊娠しやすいです。

特に高温相の天辺が8日未満の場合は、「黄体機能不全」が考えられます。
卵胞の育ちが弱い場合に起こります。

排卵が弱いため「黄体ホルモン」の分泌も弱く、高温相がしっかり作れていないのです。

また排卵付近にしっかりオリモノの分泌がある事も大事です。
チェックしてみてください。

規則正しい生活や、食事をして、元気な体を作っていきましょう。

周期の乱れやすい方、基礎体温が乱れやすい方は漢方薬の「回血散」、



「折衝瘀血散」などもお勧めです。



漢方薬は苦くて飲みにくそうと思われる方もいますが、続けて毎日飲んでいると慣れてくる方もいます。

体調を整えるのに「漢方薬」も有効ですので、病院でホルモン治療をしている方でも併用できますので、まずはお試しくださいませ。

漢方薬は基本、1日3回、食前(空腹時)に服用します。

当店で健康対策でお勧めしている「マリンオイスター」、「アスプロQ10」、「漢方薬」なども、体調管理にお役立てくださいませ。
(ネット通販しています)



規則正しい生活や、バランスのいい食事も心掛けていてくださいませ。

記事担当
薬剤師:上田康晴

不妊相談の専門店
くすりの上田


くすりの上田通販ページへ