記事公開日:2019/02/04  (更新日:2020/08/25)


卵胞の大きさと、排卵のタイミング【排卵の目安は20mm以上で】

こんにちは。

不妊相談を20年。
薬剤師の上田康晴です。


「卵胞」の育ちについての話。

・何日で大きくなるか?
・いつ排卵するか


こうした内容を解説していきます。

このページの目次

・卵胞の成長スピードについて
・卵胞の大きさで「排卵日」予測
・排卵予測の他の要素
・育ちが悪い場合は「排卵誘発剤」
・お勧め漢方薬



記事担当:薬剤師(上田康晴)

・病院に1年の勤務経験あり
・「くすりの上田」の代表取締役
・昭和26年創業の薬屋


卵胞の成長スピードについて


卵胞の成長スピードについて

卵胞の成長について、わかりやすくお話します。

卵胞の大きさの平均まとめ。

順調に「卵胞」が育てば

生理から10日目:
卵胞の大きさは12mm


生理から11日目:
卵胞の大きさは14mm


生理から12日目:
卵胞の大きさは16mm


生理から13日目:
卵胞の大きさは18mm


生理から14日目:
卵胞の大きさは20mm

と、成長していきます。


生理が終わったくらいから、卵胞はだいたい1日2mmくらい、大きくなっていきます。


卵胞が「20mm以上」にまで育つと、排卵が起こりやすいです。

人により20mm以下でも排卵してしまう場合もあり。



卵胞の大きさから「排卵日」を予測する


卵胞の大きさから「排卵日」を予測する

卵胞は生理後は1日2mmくらい「大きく」なる。

排卵は、卵胞の大きさが20mmくらいまで育ったくらいで「排卵」が起こる。


これを参考に、病院やクリニックで「超音波による卵胞チェック」で、卵胞の大きさを調べると、排卵日の予測ができます。


例えば、生理から数えて9日目に卵胞チェックをして14mmだった場合、1日2mmで元気に育てば、あと3日で20mm、4日で22mmまで成長します。


生理から数えると、
・12日目に20mm
・13日目に22mm
の計算になります。

つまり12日目、13日目あたりが排卵しそうと予測ができるのです。


排卵は「ホルモン数値」や「成長スピード」も参考にされる


排卵は「ホルモン数値」や「成長スピード」も参考にされる

卵胞のその時の大きさだけでなく、成長スピードの遅い方は、それも参考にして排卵予測もされます。


生理周期の長い方は、卵胞の育ちが遅い場合が多く、排卵までの日数がかかります。


生理周期の長い方の特徴
・高温相の日数は通常か短め
・低温相の期間が長い


こうした方は、排卵まで時間がかかっています。

排卵日の
わかりやすい計算

生理周期の日数-14日


これでも、だいたいの排卵日になります。


生理周期は35日の場合。
35日ー14日で、生理21日目くらいが排卵になっている傾向があります。

もちろん個人差はありますので、排卵日がわかりにくい方は
・病院で検査
・排卵検査薬で調べる

などでチェックしてください。


病院やクリニックでは、排卵前の血液検査で「ホルモン数値」も参考にして、実際には排卵日を最終予測しています。



・卵胞の育ちが悪い方に「排卵誘発剤」


卵胞の育ちは悪い方には「排卵誘発剤」

卵胞の成長が遅くて、排卵しにくい場合には排卵誘発剤が処方されます。

卵胞の成長を助ける薬です。

排卵誘発剤の種類

・クロミッド錠
・セキソビット錠
・レトロゾール錠


排卵しにくかった方でも、こうした排卵誘発剤で「排卵」しやすくなります。


クロミッド錠などは、子宮内膜が薄くなりやすいので、たまに休みの月があるといいですよ。


お勧め漢方薬


お勧め漢方薬

【漢方薬のご紹介】

生理不順のある方は、
・折衝瘀血散
・強回血散

などがお勧めです。


生理痛や下腹部痛がある方は
・フッケツ散
などもよく使用します。


・折衝瘀血散
月経不順を整える漢方薬
(20日分)5,500円(税込)

・強回血散
貧血、月経不順、冷え症の漢方薬
(20日分)4,730円(税込)

・フッケツ散
下腹部痛、月経痛が気になる方の漢方薬
(20日分)5,500円(税込)



商品は「ネット通販」のページでご注文できます。時間指定でお届け可能です。


不妊症対策商品のご紹介
click!
商品紹介へ
くすりの上田 ネット通販

コチラの記事も参考ください

妊娠できない原因のまとめ【女性の不妊、男性不妊】


薬剤師:上田康晴

不妊相談の専門店
くすりの上田
富山県高岡市(高岡大仏の真横)
営業:10時~18時
定休日:水曜、日曜、祝日


くすりの上田通販ページへ