アトピー治療の、いい皮膚科を探している方も、いらっしゃると思いますが、基本的には、どこの皮膚科にいっても、そう差はありません。

結局、ステロイド剤か、免疫抑制剤の「プロトピック軟膏」が出て終わりです。
病院を変えても、同じです。ステロイドの種類や名前が変わるだけで、治療法は変わりません。

原因を追究すること事もなく、調べることはアレルギー検査くらい。
アトピーを治す発想がありません。

病院の治療=症状を抑える

皆様の希望=アトピーの症状が出ない体にしたい

同じように感じるかもしれませんが、ここに大きな差があります。


一般的な皮膚科では、アトピーの症状を抑える治療に専念します。

ひどいアトピー症状を、魔法の薬である「ステロイド剤」を使い、症状を抑えます。
アトピーを治すというより、抑えるのが正しい表現です。

皮膚炎の診断は難しく、アレルギー性皮膚炎なのか、他の湿疹なのか、検査結果ですぐわかるものでは、ないのです。
急性湿疹なのか、慢性湿疹なのか、アレルギー性皮膚炎なのか、接触性皮膚炎なのか、アトピー性皮膚炎なのか、アトピーでないのか、確定診断はありません。

病歴や、症状、患者様の意見を聞きながら、判断します。
ですが皮膚炎の種類がわかったところで、結局処方されるは「ステロイド剤」です。

良い先生は、親身に相談も乗ってくれるかもしれませんが、一般的には「ステロイド剤を出しとくから、様子みてみましょう」で、症状が続く限りステロイド漬けになります。

病院は、どの病気もそうですが、「病気になりにくい体作り」の治療をする場所ではありません!
血圧の高い方は、高血圧の薬を処方。
糖尿病の方には血糖降下剤を処方。
神経痛には鎮痛剤を処方。
対症療法で、根本治療ではないのです。

つまりツライ症状を、お薬で抑える治療方法の場所となります。
治していると言えば、治していると言えるかもしれませんが、薬を止めれば元通りですよね。

結局、元の体を治す発想ではないのです。

アトピーも同じです。
アトピー性皮膚炎になりにくい体作りを考えているお医者さんは、全国でも少ないと思います。
そもそもアトピーは治らないと思って治療しているお医者さんも多いのです。

実際、私の娘がアトピーになって、初めて皮膚科に行ったとき、先生から直接「アトピーは治らない」みたいな、とても傷つく一言を言われました。
(おかげで今があるのですが)

皮膚科は、皮膚炎の症状を抑える所。
そして、今の日本のアトピー治療のガイドラインも、ステロイド、プロトピックで、とりあえず症状を抑えることを重視している治療方針となっています。

でも、アトピーでお悩みの方は、「ツライ症状を抑えたい」以外にも、本当の所は「ステロイド剤を使わなくても、アトピーの症状が出にくい体」や、「アトピーの悩みから解放されたい」気持ちを持っているのです。

ですが、この部分の受け皿が全くなく、皮膚科で一所懸命に相談しても、「ステロイドを真面目に塗ってください」で済まされます。

もちろんステロイド療法に疑問がない方は、別にこれでもいいのです。
ステロイドでアトピーの症状が落ちついていれば満足されている方も、世の中にはたくさんいらっしゃいます。

当店では、べつにそれを否定はしませんし、治療法を無理やり変えてくださいとは思っていません。
どの治療法が好きかは個人の自由です。

ですが、「ステロイド治療しか知らない方」や、「それしか方法がないと諦めていた方」には、もっと視野を広めて、治療の選択肢を複数もって、自分で治療法を決めていけたらと思います。

視野を広めるためには、まずは情報を集める必要があります。
それも信頼できる情報です。
(当店の他のアトピーQ&Aのページをご参考くださいませ)

ステロイド治療しか知らない方は、ステロイドを真面目に塗っているのに、症状が収まらず困っているという人もいますが、病院としてはステロイドを出す以外に治療法がないのです。
相談したところで、より強いステロイドだ出るだけです。

最強ランクのステロイドを塗っていても、症状が収まらない方は、病院としてはお手上げです。
(口には出さないですが)

確かに、ステロイド療法を選ぶ道は手軽です。
治療費も高くないし、生活の改善食事制限をする努力もいらないかもしれません。

あえて食べたいものを我慢しなくても、この先ずっとステロイドさえ使い続けて、症状が少し収まってくれたらいいやと思うなら、不摂生もできますからね。

当店は皆様に「ステロイドを止めましょう」と普及活動をしているのではありません。

よく電話をいただき
「病院でステロイド剤をもらってきたのですが、使っていいですか?」
と質問をいただきます。

これは答えに迷います。
当店の方針としては、ステロイド剤を使わなくていい体になってほしい願望はありますが、今の症状にステロイドを使うか使わないかは、ご本人で決めるしかありません。

ステロイド治療の道は、楽です。数日で症状は収まります。

ステロイド剤を使わない道は、大変な道のりです。
スキンケア(保湿)を頑張り、お菓子や甘いもの、ファーストフードなどを止めて、長期的に気長に頑張らなくてはいけません。

私としても、気軽に皆様にステロイドを止める道をオススメできないのです。

例えば運動キライの方に、フルマラソンするので、毎日ランニングしましょうと言っても、出来ないですよね。

それならフルマラソンに出なければいいのです。
(あくまで例え話でフルマラソンを否定する話ではありません)

アトピー治療も同じで、好き嫌いは別として、ステロイド治療は楽ですよ。
先生も診断にこだわる必要もなくステロイドさえ処方しておけば、治療になるし、患者様も生活の改善なんてしなくても、ステロイドさえ塗れば症状は収まりますから。

ステロイド治療に否定的でないなら、そのままの治療でお医者様、患者様が満足していたら、それはそれでいいのかもしれません。
脱ステロイドなんて、しなくていいのです。

ですが当店を頼られる方は、
ステロイド治療の毎日から脱出したい」、
ステロイドを何年塗ってもアトピーが治らない」、

とお困りで違う道を選んで、現在とても調子が良くなって喜んでいただいている方が、全国で多数いらっしゃいます。
北は北海道、南は沖縄の方まで、多くの方からお礼もいただいております。

当店の方針、考え方に賛同いただける方と、一緒に頑張っていこうと思っております。

当店のアトピーQ&Aを見ていただき、
こういう治療法もあったんだ」とか、

なんか腑に落ちる、納得できる情報だ」とか、

こういう情報を待っていた」と
思っていただけるなら、一緒に頑張ってみませんか?

短期的な結果を求めるのではんく、2~3ヶ月くらいの長期的なチャレンジは覚悟してください。

初回は、スキンケアセットは全部揃えると効果的です。



内服薬は、後からでもいいので、まずは「スキンケア対策」試してみてください。
ステロイド剤を使用している方は、最初はステロイドと併用でもオッケーです。

スキンケア手順などは、ご注文いただいた方には、わかりやすい資料も一緒にお送りしていますので、ご安心くださいませ。
変化の早い方は、1ヶ月でもいい実感ができる方も多いです。

私の娘のアトピーが治った経験から、一人でも多くの方のアトピーの症状が軽くなって、喜んでいただけたらと本気で思っています。

薬剤師:上田康晴

アトピー相談の専門店
くすりの上田
富山県高岡市大手町11-30
(高岡大仏の敷地真横)
営業:10時~18時
定休日:水曜、日曜、祝日


くすりの上田通販ページへ