富山県高岡市にある、
アトピー相談の薬屋「くすりの上田」です。

今回は「アトピー性皮膚炎」と「汗」についてです。

アトピー性皮膚炎の方は、気温が高くなって汗が出てくる頃にも、悪化しやすい傾向にあります。
これは「」が悪化要因となっているためです。

なので、こまめに皮膚を清潔にするのも大事です。

ハンカチで濡らして、皮膚を拭くのもいいでしょう。
最後に、クリームで保湿するといいでしょう。

また、消毒も効果的です。皮膚の常在菌、黄色ブドウ球菌の二次感染でアトピー性皮膚炎が悪化することも報告されていますので、薄めた消毒液で皮膚の消毒もいいでしょう。

消毒薬を作って持っていくのが面倒な方は、傷に使う消毒薬で代用してもいいでしょう。

市販の消毒薬には、消毒成分以外にも、局所麻酔薬も入っているものが多いため、痒み対策にもあります。
消毒の後も、保湿は心掛けてくださいね。

当店では、消毒には、黄色ブドウ球菌に強い、「ネオトラバングリーン」を使用しています。

原液の消毒薬なので、水に100倍から200倍に薄めて使います。1mlを100ml~200ml。(箱の記載の薄め方では)別にもっと薄く使用しても構いません。当店では1000倍くらい薄めて使ってもらったりしています。

濃い方が消毒作用は強いですが、皮膚の刺激になることもあるため。
日中に、消毒できればより理想と思いますが、どうしても無理な方は、お風呂に入ったときに、消毒するといいでしょう。

とにかく、アトピーを治そうとしたら、本腰で取り組む必要があります。
こんなこと、面倒くさい・・・なんて思って、この記事を読んで読んでませんよね。

アトピーは頑固な病気です。そう簡単に治りません。

あなた様にも思い当たる所があると思います。
・これさえ飲んだら治る
・これだけ塗れば治る
そんな魔法みたいな薬はありません。

アトピーは様々な対策をしっかりやって、はじめて良くなっていくものです。

なのに、アトピーでお悩みの方は、そんな魔法みたいな薬を探して、病院を転々としたり、高額な健康食品を次から次へ試してみたり・・・。

以前、ニュースでもありました。
とある病院が、アトピーがすごく治る「ぬり薬」を開発したといって、全国から予約待ちになるほど繁盛していたが、実際にはステロイドが入っていたとか。

当店では、本気で頑張りたい方のお役に立ちたいと思っています。

食事を変えるなんてできない・・・
お菓子は止めれない・・・
そんな甘い考えの方は、
相談に来てもらっても困ります。

だって治らないから・・・。

でも、我慢するのも、ずーとではありません。
まずは3か月~半年くらいです。

このくらいの期間なら我慢できるという方で、少しお金がかかってもいい!と思う方。
当店が一生懸命、あなたの頑張りを応援させていただきます。

ご相談に来るのには勇気がいると思いますが、ぜひ本気で治したい方の力になりたいと思っています。
ご来店おまちしています。

コチラの「アトピーQ&A」は、くすりの上田(上田薬局)の薬剤師:上田康晴が、アトピー相談を日々している中で感じる事、大切だと思う事を紹介しているブロクです。
科学的根拠のあるアトピー情報はもちろん、それ以外にも相談の積み重ねの中で大事に思う事も紹介しております。

薬剤師:上田康晴

富山県高岡市大手町11-30
アトピー相談の専門店
くすりの上田


くすりの上田通販ページへ