アトピー治療 ステロイド剤の強さの比較

記事担当:くすりの上田(薬剤師:上田康晴)



ステロイド剤の塗り薬は、
作用の強さで5段階に分類されます。


ステロイド剤の外用薬は、強さにより5段階に分類が分かれており、
1 ) Weak(弱い)
2 ) Medium(中間)
3 ) Strong(強い)
4 ) Very Strong(とっても強い)
5 ) Strongest(最も強い)

に分けられます。

ステロイド剤を使用している方は、自分のステロイドの強さは
知っておくといいでしょう。

■ Weak(弱い)
一番弱いタイプになりますが、ほとんど使われていないようです。

・オイラゾンD軟膏
・プレドニゾロン軟膏
・プレドニゾロンクリーム

■ Medium(中間の強さ)
このランクが、使用される一番弱いタイプとされます。
子供のアトピー性皮膚炎や、軽いアトピー性皮膚炎、顔などによく使われます。

ロコイド軟膏
ロコイドクリーム
キンダベート軟膏
アルメタ軟膏
リドメックス軟膏
リドメックスクリーム
・リドメックスローション
・ケナコルトA軟膏
・ケナコルトAクリーム
・レダコート軟膏
・レダコートクリーム

■ Strong(強い)
Medium(中間)で、効果がない場合は、強さが強くなってStrongのランクが処方され始めます。
年齢(ステロイド歴)と共に、強くなっていく方が多いです。

フルコート軟膏
・フルコートクリーム
リンデロンV軟膏
・リンデロンVクリーム
・リンデロンVローション
ベトネベート軟膏
・ベトネベートクリーム
ボアラ軟膏
・ボアラクリーム
メサデルム軟膏
・メサデルムクリーム
・エクラー軟膏
・エクラークリーム

■ Very Strong(とっても強い)
ストロングでも効かない場合は、その上のVery Strong(とっても強いランク)が処方されます。
症状に応じて、軽くなったら下のランクに落とすことも意識してみましょう。

フルメタ軟膏
・フルメタクリーム
・フルメタローション
アンテベート軟膏
・アンテベートクリーム
・アンテベートローション
・リンデロンDP軟膏
・リンデロンDPクリーム
(リンデロンにはVとDPがあり強さが違います)
・トプシム軟膏
・トプシムクリーム
マイザー軟膏
・マイザークリーム
・ビスダーム軟膏
・ビスダームクリーム
ネリゾナ軟膏
・ネリゾナクリーム
・パンデル軟膏
・パンデルクリーム

■ Strongest(最も強い)
名前の通り、ステロイドの強さが最上級のものです。これより上のランクはありません。

デルモベート軟膏
・デルモベートクリーム
ダイアコート軟膏
・ダイアコートクリーム
ソルベガ軟膏
・ソルベガクリーム
ジフラール軟膏
・ジフラールクリーム


ステロイド剤
軟膏とクリームどちかを使うか?


軟膏
・ワセリンがベースとしてよく使われる。
・ベタベタするが保湿性は高い
・鱗屑を軟化させ取り除く
・刺激性が少なく、紅斑、丘疹、びらんなどに使える

クリーム
・塗り心地がよく、ベタベタしない。
・配合剤の皮膚への浸透性が良い
・ときに刺激になり、びらん、潰瘍など浸潤面には適さない

ステロイド剤には、軟膏、クリームがありますが、基本は軟膏の方がアトピー肌には最適です。
ベタベタするのが嫌という場合はクリームが処方される場合もあります。

また、ステロイド剤とは別の種類として、「プロトピック」というお薬があります。
これは、免疫抑制剤になります。

ステロイドじゃないから安心」とか、「ステロイドより副作用が安心」と 思っている方もいますが、 実際には、強い作用のお薬です。

アトピーを治せるかどうかは、お悩みの方「ご本人」の治療方針にかかっています。
(子供の場合は、ご両親の治療方針にかかっています)

皮膚の状態がひどい時には、ステロイド剤を塗ったりすることも一つの方法です。
しかし、問題はそれが治療だと思っている方が非常に多いという事です。

その場しのぎの治療法では、必ずといっていいほど再発します。
是非、丈夫な皮膚を作る体作り、生活の送り方、食事の摂り方を考えてみてください。


アトピー相談のご予約はコチラ。

0766-22-1301
(電話受付:朝10時~夜6時、水曜・日曜・祝日はお休み)

富山県高岡市大手町11-30
(高岡大仏真横)
くすりの上田(上田薬局)

「くすりの上田」のホームページでは、薬剤師:上田康晴が、アトピー相談を日々している中で感じる事、大切だと思う事を紹介しています。
科学的根拠のあるアトピー情報はもちろん、それ以外にも相談の積み重ねの中で大事に思う事も紹介しております。あなた様のお役に立てれば幸いです。